スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
わん卓の特徴(その4)
2012 / 02 / 19 ( Sun )

キーワード:わん卓 介護用品 犬 食器台 高さ調節 上下可動式 食器スタンド シニア犬



食事時、前屈姿勢でむせることなく、消化を助けるわん卓


わん卓は、Bitte商店オリジナルの商品です。食器の高さを自在に調節できます。自然な姿勢でわんちゃんに食事をさせることができ、わんちゃんの内蔵や関節に負担をかけません。高さ調節ができるため、周りにフードがこぼれにくく、安定感がある食卓(食器スタンド)です。最後に、お客様のコメントも載せました。ご覧ください。 WantakuShitsunaiban.jpg

わん卓の『安定性』について記述しました。100%安定という製品は無理ですが、
この製品は、できるだけ安定になるように配慮されてデザインされています。

食器台そのものが安定であるために、それに支持されている食器は、当然、
動きにくくなっています。

床の上に食器をおいた場合、どうしても犬は前屈みになり、食器を
鼻で押すようになり、食器は、あちこちに移動します。一方、わん卓を
使い、自然な姿勢で食事をさせると、わんちゃんの屈みこみはなく、
食器を鼻で押すこともなく、自然な姿勢で食事ができます、食器の
移動もありません。

それに食器は、しっかりわん卓に固定されているので、
移動は最小限になります。ただ、わん卓の食器からお水を飲む場合、
お水をこぼすわんちゃんもいるようです。そのための、マットが必要に
なるかもしれません。

食器の位置が高くなることで、食器にほこりが入りにくくなります。
また、わんちゃんに合わせて、最適な高さに調節することにより、
フードをこぼすことが少なくなり、わんちゃんの衛生環境を
改善いたします。

日頃からの、無理のない姿勢での食事は、毎日のことですので、つもり重なり
1年後、3年後のわんちゃんの健康にも影響を与える可能性は
決して小さくありません。特に、脚の関節の弱いワンちゃんは、
影響が大だといえます(当店のハッピーの経験から!)。

お客様も、ぜひ、わん卓をご検討ください。

わん卓(犬の食卓)普及版のお買い求めはこちらから

わん卓(犬の食卓)室内版のお買い求めはこちらから

キーワード:わん卓 介護用品 犬 食器台 高さ調節 上下可動式 食器スタンド シニア犬



Bitte商店


わん卓と、こだわり商品のBitte商店ホームページへ!


にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

14 : 03 : 55 | 愛犬の介護用品 わん卓 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっとした距離の歩行の補助 | ホーム | 『未病を治す』 -らもパパから->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bitteblog2.blog79.fc2.com/tb.php/26-b8cdebd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。